MARU CHANNEL NEWS

わんこ時々ねこ
<< ペットもフラッシュ | main | わんことWANCOTT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
続 フラッシュ
前回お伝えしたペット関連のフラッシュマーケティング

メールを受け取るために会員登録しましたが、配信が少なく苦労している様子がうかがえます。


先日の案内では

「ドッグトレーナーといくマザー牧場へバスツアーに出かけよう!」


というものが紹介されていたのですが、値段を見てビックリ!


人2名+犬1頭の通常料金28,500円 ⇒ 17,200円 (40%OFF)

※犬用の席はなく抱っこまたは足元に置くそうです


案の定

あまりタチのいい商売とは…

0枚購入


当たり前だっちゅ~の!

今どき、犬連れではない普通のバスツアーでは、××食べ放題、△△詰め放題やらが満載で1人5~6,000円台なんてのがザラなのに

う~ん…


房総ならではの食事がつくわけでもなく、たった2か所を巡るだけでこの値段は「暴利」とまでは言わないまでも、庶民の感覚では明らかに“超”割高です。

しつけ教室ってあるけど、限られた時間で一体何を教えようって言うのでしょう?

もう何から何まで、別の意味でビックリてんこ盛りなのでした。




ペケットさん、頑張っているのでしょうが、品ぞろえを充実させるのが難しく、なかなか魅力的な商品を紹介できないようです。

他にも

何と半額!!
半額だけど売上ゼロ!
も販売枚数0。

懲りずに(失礼!)もう1回発売
再度挑戦もまたまたゼロ!
やっぱり1枚も売れず…(失笑)。


こんなのはどうだ!
セレブ・プライスだよね~…
撃沈!


ペット関連産業は、実はメディアで面白おかしく取り上げられているほど儲かっていないんじゃないのかな~?っていうのが個人的な認識です。

もちろんうまく行っているところも数多くあるのでしょうが、初期の頃なら何をやってもそこそこ売れたとしても、やはり安易・安直な発想で「ペットに結び付けりゃ何でも売れるさ」という時代ではなくなっています。


ひとつには、どう見ても売る側がペットを商売の道具としてしか見ていない、言い換えれば別に動物なんか好きじゃないんだけど儲かりそうだから、というケースが少なからずあるからだと思います。

それと、ペット関連の消費をリードしているのはごく少数のお金持ちであるということを、実はあまり皆気付いていないのでは?という点。
確かに自分の子供に対する以上にお金を湯水のごとく注ぎ込む人たちがいるのも事実ではありますが、それは軽薄なメディアが吹聴するほどたくさんいるわけではなく、あくまでもマイノリティであるということ。



ビジネスとして見れば、まだまだつけいる余地が大きく、将来の成長も見込めるかもしれませんが、「今まで犬と一緒に楽しめなかったこんなサービスを犬連れでできますよ~」は大体品質に問題があって、「これ人間向けとしては通用しないよ」がほとんど。

特に飲食関連はそれが顕著で、利用者は愛するペットと一緒に利用できるというだけで浮かれちゃって、商品の質を冷静に見極められる状態にはありません。
メディアで利用者の声として「とってもおいしかったです」と紹介されていた宿泊施設や飲食店を、個人的にいくつも利用したことがありますが、率直に行って合格点を出せるところは皆無でした。

それでも「犬連れで行けるところはあんまりないし、仕方ないよな」と割り切ってきたのです。


これから「ペットと一緒」を売り物に商売を始めるのであれば、はじめに「ペット連れ」ありきではなく、通常の人間向けの商品・サービスとしてまっとうなものであることが大前提で、「基本は人間のお店ですがペットを連れてきても構いませんよ」を志向した方がいいのではないかと考えます。


いずれにしても選択肢は増えるのは結構なことですので、1日も早く犬連れで楽しめるまともな飲食施設が増えることを願ってやみません。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 09:57 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:57 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ