MARU CHANNEL NEWS

わんこ時々ねこ
<< 150万会員に披露! 【ペットムービーコンテスト】 | main | 何が目的なの? 【多摩センター動物病院】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大規模なリコール 【ペットフード回収】
カナダのMenu Foodという会社がアメリカ合衆国内の2工場で製造したペットフードの回収・無償交換を開始しました。
同社フードを食べた犬や猫などのうち少なくとも10匹が腎機能障害を起こし死に至ったことによるものです。

この会社は大手流通のPBを受託生産していたほか、アイムス、ユーカヌバ、ニュートロ等日本でも有名なメジャーブランドのOEMも請け負っていたようです。

当然日本国内で流通している商品への影響も懸念されますが、今のところおもだった動きはありません。

言い換えれば、日本法人(?)を持つアイムスがこの件について一切情報発信していない(もしかしたらやってるのかもしれませんが、サイトを見ても全然分りません)のは企業の姿勢としてかなり問題があるのでは?と言えなくもありません。
このようなスタンスが「だから外資は!」という感情論に発展しないとも限りませんし、はからずもシンドラー社や最近ではボンバルディア社の問題でそれらを状況的に裏付けてしまってもいます(人の生命に関わる問題を目の前にして平気で自己の正当性のみを主張する無神経さは日本企業もタミフル問題の厚労省もおんなじですけどね)。

アイムスやユーカヌバの日本人従業員の皆さん、何でもいいから早く情報発信した方がいいと思いますよ〜。

401


おそらく対象商品は日本国内で流通していないのだと思いますが…。
| HARSHEST | 異国の地 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









http://maru-channel.jugem.jp/trackback/526
??å???Υ?
今回のリコールの対象となったペットフードは、80銘柄に及び、どれも大変一般的な ものであり、手当てを受けていた犬猫も死んでしまったようで、死亡数も16匹にもなり ニュースで知り治療を受けた犬猫も多く、動物病院は連日忙しく対応に追われているようです。 小
| プリンストンに暮らす | 2007/03/23 12:04 PM |
ペットフード・リコールの新事実
ペットフード・リコール事件の続報です!! 腎臓障害を引き起こし、少なくとも16匹の犬猫を殺したペットフードの中に、 Rat Poison(殺鼠剤)が入っていたことが判明しました。 Aminopterin という名前の殺鼠剤は、現在アメリカでは使用が禁止されているもので どうや
| プリンストンに暮らす | 2007/03/24 5:00 AM |
米国で、大量のペットフードがリコール
カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを食べた犬や猫が相次ぎ死亡した問題で、ニューヨーク州当局は23日、同社商品を調べた結果、ネズミ駆除用の毒物が検出されたと発表したニュースがありました。先週末に北米で、缶詰など6000万個以上を対
| ♪nf40ズ | 2007/03/25 9:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/16 8:28 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ