MARU CHANNEL NEWS

わんこ時々ねこ
<< ペットビジネス活性化セミナー by 船井総研 | main | ホントにサンキュー! 【ペット輸送】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アメリカ・ペット事情2007
先月の話になりますが、Small Business Trendsという組織(ネット・メディア?)が2007年ペットビジネス・トレンドを発表しました。

それによると・・・

1. ユニークなペットグッズの増加
2. ペットシッター等ペットサービス市場の拡大
3. ペットの健康志向の高まり
4. ペット保険の安定的な成長
5. よりペットにやさしい環境
6. 慈善事業の復活
7. 大手企業参入による競争激化
8. 大手企業による投資の加速
9. ネット環境(eコマース、デザイン、ユーザビリティ等)の質の向上
10.より内容の濃いペット関連ブログ
11.里親制度の広がり

がトレンドとしてあげられています。

市場の広がりによって日本でも同じような傾向が見られると思いますが、大きな違いが慈善事業(チャリティー、寄付等)と里親制度でしょうか。

特に里親については、AKC(日本のJKCにあたる団体)の登録犬数(純粋種)が漸減傾向にあるのとは対照的に、環境の整備もあいまって大きな広がりを見せているとのことです。

血統書の意義や存在を否定するつもりは毛頭ありませんが(うちも一応そうですし)、犬種にこだわらない姿勢からはより本質的な動物への愛情や懐の深さが感じられます(崖っぷち犬に里親希望者が殺到するのとは全く事情が異なります)。

350


NYやLAでは犬をひとりで留守番させちゃいけないんですね〜。
| HARSHEST | 異国の地 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
アメリカでは子供を一人で留守番させると「幼児虐待」として逮捕されると聞いたことがありますが、ペットも同じなんですね。

ところで、アメリカでの捨て犬率ナンバー1という不名誉?な称号をいただいたわがJRTはその後どんな状況になったんでしょうね。^^;
| ナタリーパパ | 2007/02/11 8:48 AM |
アメリカの捨て犬率がどうなったか私も知りたいです。
JRT、ナンバー1でないとしても上位には入っているんでしょうか?気になる所ですね。
| tammy | 2007/02/11 11:01 AM |









http://maru-channel.jugem.jp/trackback/486
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ