BOW-WOW辛口通信

辛口わんこニュースはいらんかね〜?
<< ぎんざNOW! 「第5回犬展」 | main | “愛”犬パワー全開! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
コリアうまい 【ハングク犬食事情】
韓国帰りなので韓国関係のデータをひとつ(ちょっと古いですが)。

昨年10月に韓国・国務調整室が公表した「食用犬肉製作関連のアンケート調査」によると、韓国の国民が1年間食べる食用犬肉は200万頭にのぼることが分かりました。
回答者の55.3%「犬肉を食べてみたことがある」と答えたそうです。

年齢別に見ると50代の81%が一番多く、以下40代(66.9%)、60代以上(64.3%)、30代(59.3%)で一番少ないのが20代。それでも46.1%です。

何度も言いますが、食生活はその国固有の文化に根ざしていますので「犬を食べるなんて!!」という短絡的な反応は慎みたいものです。

かつて軽薄かつ極めてひとりよがりな論理で日本の鯨食を非難した欧米の頭の悪いエセ動物愛護論者には、心の底から「余計なお世話だっ」と憤ったことをちょっと思い出してしまいました。

pbinkr
ペットビジネスはそれほど盛んではないようでした


それにしても本当に55%余の人が犬肉を食べているのでしょうか。

韓国とは関係ありませんが、こんな記事を見つけました。
>>>犬鍋を歌舞伎町の中華料理店で食べた
| HARSHEST | 異国の地 | 00:00 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
もともとヒトと犬との関係は一緒に洞穴に居住するようになってから、犬はヒトの余りものをもらいながらヒトの狩りを手伝ったり洞穴の警戒をしたり、といった共存関係にあったと何かで読んだことがあります。そして飢饉のときにはヒトの食料として貢献するということも日常的で、特に気候変動に影響されやすい北方の人たちにはそのような習慣が多く、朝鮮半島の人たちももともと北方のモンゴル高原から移動してきたと言われているので習慣が根強く残っているんでしょう。

以前も書いたかもしれませんが、犬鍋はボシンタン(補身湯)と呼ばれていて滋養強壮に役立つというか病気の時などに栄養を補う食べ物とされとても高カロリーなので、食べ過ぎると太りますので要注意だそうです。

僕は韓国の友人に食べに連れて行ってもらいましたが、ソウル近郊にあってかつて朝鮮軍が豊臣秀吉軍を破ったという古戦場「ヘンジュサンソン(幸州山城)」という今は別荘地が立ち並ぶリゾート地においしい補身湯の店が多くあって、tammyさんも飲んだことがあるかもしれない朝鮮人参入りの焼酎「百歳酒(ペクセジュ)」を飲みながら食べると美味しいです。味としては「とても柔らかい牛スジ肉」という感じですよ。
| ナタリーパパ | 2007/01/21 8:51 AM |
相変わらずの博覧強記ぶりにただひたすら脱帽です。
全然関係ありませんが、チョッパル(豚足)の表面に見えるブタさんの毛にちょっとひいてしまいました。
| tammy | 2007/01/21 11:27 PM |
食文化自体を(犬肉を食するとか)、非難する事は良くないのですが.....
昔、紀行番組が好きで、タイトルを忘れましたが、アラスカのエスキモー(ネイテブアメリカンと言った方が良いのかな?)の取材の中で、普段はアザラシなどを捕って、生活の糧にしているが、不漁が続くと飼っている(犬)を非常食にするのだと話していました。犬を放し飼いにはしていましたが、老犬(のような)は映像の中には観られませんでしたね。
ただ、韓国の場合犬肉を作る過程が、昔の西部劇に出てくる吊し首のような(有る意味日本の保健所より悪いかも)、やり方なのです....
http://www.all-creatures.org/ha/kaps.htmlヘルプアニマルズというホームページがあります。
心臓の悪い方は観ない方が良いかも?。
| ぶんた | 2007/01/22 7:49 PM |
博覧強記なんて難しい四字熟語をご存知のtammyさんこそ本当の博覧強記じゃないですか。^^

ところで掲載された写真は豊田ホテルの近く(北の方)じゃないかと思うんですが、ホテルの南側にある「忠武路(チュンムロ)」というところがソウルのペットショップ街になっていてたくさんのお店があります。日本みたいにケージに子犬を一匹ずつ入れるんじゃなくて、上だけが開いた大きなガラスケースにまとめて入れているので、お店に入れば上から子犬に触ることもできるんです。なぜかミニシュナの子犬はどの子も胴の上半分だけ毛をカットしていて、こういうカットのトリミングが流行りなのかも。ちなみにJRTを知っている人は誰もいませんでしたが、写真を見せると「マイロだ!」と異口同音に言われました。映画好きの国民だからみんな見てるんですね。
| ナタリーパパ | 2007/01/22 10:35 PM |
ぶんたさんの紹介されたHP拝見しました。
確かにショッキングです。
でも私は聖人君子ではないので、犬は食べませんが豚も鳥も牛も喜んで食べます。
動物の本能としての部分ももちろんありますが、それだけではなく人間の罪深い欲求として「おいしい」から食べるのです。
方法のいかんを問わず殺生なしに私たちの生活は多分成り立たないと思います。
残酷に見えるからダメだとか、牛や豚ならいいけど犬ならダメだというのは、あくまでも人間の勝手な論理でしかないと私は考えます。
イルカを撲殺した漁民を見て、ただヒステリックに日本人は残酷だと叫んだオリビア・ニュートン・ジョンを、私はとても底の浅い人間だと思わざるを得ません(もう何十年も前の話ですけど・・・)。
いい悪いは別にして、だって彼ら漁民も自分たちの生活が脅かされると考えてそうしたのですから(これがイギリスの高貴な貴族さまたちが趣味で行なうような狩猟のためだというのなら弁解の余地は全くないと思いますが)。
だからと言って無用な殺生を肯定するわけでは決してありません。
どこで線を引くか、とても難しい問題だと思います(と言うより線を引くことなど不可能でしょう)。
まして文化の異なる他国のこととなればなおさら。
そういった意味では、個人の趣味で運営するブログで取り上げるのにはちょっと不適切なテーマだったかもしれません。
| tammy | 2007/01/22 11:41 PM |
ナタリーパパ、実はここにアップした写真が忠武路(チュンムロ)なんです。
周辺には大小織り交ぜ何軒もペットショップがありました。
町全体があまり明るい感じではない上、お客さんもほとんどいないので、ちょっと入ってみようとも思えず通りからおそるおそる眺めるだけで十分っていう感じでした。
センスのいいペットグッズなんかを売ってるところがないかなぁ、と期待していたのですがそういうお店は皆無。犬の服を露店で売っているところはとってもたくさんありましたけど。やたら日本語で話しかけられたりして・・・(苦笑)。
| tammy | 2007/01/22 11:51 PM |
>センスのいいペットグッズ
これは絶対ないですね。^^; 中国に行った時もペットショップに入りましたが、センスのいいものが無いどころか、ほこりをかぶったビニールに包まれたものばかりでした。
| ナタリーパパ | 2007/01/23 6:20 AM |
ほこりをかぶったビニールに包まれたものばかり
う〜ん、目に浮かぶようです。
ソウルも江南地区だったらセンスのよいペットショップ
あるんでしょうかね?
| tammy | 2007/01/23 9:45 AM |
どうでしょう?忠武路でも東大入口(トンデイック)に近いあたりはハイソなエリアなので江南と変わらないと思いますよ。やっぱり今は日本が一番センスいいものが揃っているんじゃないでしょうか。^^
| ナタリーパパ | 2007/01/23 10:06 PM |
私も日本が一番センスいいと思います。
種類もいろいろあるし、質もいいし、
何より選べるってところがいいです。
機会があればヨーロッパのペットショップも
覗いてみたいです。

| tammy | 2007/01/24 10:09 AM |









http://maru-channel.jugem.jp/trackback/465
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ