BOW-WOW辛口通信

辛口わんこニュースはいらんかね〜?
<< 1,2,3,ファイザーっ! 【スレントロール】 | main | 有料化の憂鬱 【犬猫の引き取り】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
猫に小判?・・・いえ、クレジットカードです
オーストラリアの銀行はかなり大らかなんでしょうか。

クイーンズランド州のキャサリンさんが銀行の身元確認システムの安全性を試そうと、飼い猫の名前でカードを申し込んだところ難なく発行されてしまいました。

銀行は一体どんな審査をしているのか是非明らかにして下さい(要するに何もしていないってことなんですけど)。

それにしても面白いことをする人がいるものです。

356


クレジットカードはともかく、今後日本ではペットに財産を相続させるケースが増えていくことでしょう(もちろん法的にはペットが相続人になれるわけではありませんが)。
| HARSHEST | 異国の地 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
ジャックラッセルも最近はオーストラリア生まれが多いですが、ってわれらがイタチ姉妹の母もそうでしたね、おもしろい国ですよね。何かで読みましたが、シドニーではいまドッグカフェが大変なブームでそんなカフェには「ヒトのお友達も同伴できます」という看板が出ているとのことです。なのでこの銀行も「ヒトのお友達もうちの銀行を利用してくださいね」なんて表示を出しているのでしょうかね。^^
| ナタリーパパ | 2007/01/13 9:14 PM |
全然関係ありませんが、まるパパが学生時代オーストラリア旅行した時の話。シドニー市内を連れの友人たちと歩いていたら地元の酔っ払いに「Small!」と言われたそうです。
確かに日本人はちっちゃいけど余計なお世話!(苦笑)
| tammy | 2007/01/14 8:18 AM |









http://maru-channel.jugem.jp/trackback/457
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ