MARU CHANNEL NEWS

わんこ時々ねこ
<< クマも森には帰れない 【捕獲、最多の5,000頭】 | main | こ〜れ〜からはますます高齢化 【老犬に関するアンケート】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
たとえば「メガネ」のようなもの 【補助犬法改正案】
「身体障害者補助犬を推進する議員の会」が補助犬法改正案をまとめました。
当初は今国会での改正を目指していましたが、結局来年の通常国会での成立を目指すことになったようです。

全面施行されてから3年がたつ「補助犬法」ですが、まだまだ広く認知されるには至っていません。
たとえば会社に介助犬を連れて行こうとして上司から「公私混同だ」と言われた、ペット可のマンションなのに盲導犬の入居を断られたなど・・・。
実際、街に出て色々な施設に入ってみたりしても補助犬を連れた人を見かけることはほとんどありません。

多少論理に無理があると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、障害を持った方にとっての補助犬とは、たとえば近視の人のメガネ、骨折した人の松葉杖などと変わらないのではないでしょうか。
もっと言うと「なくてはならないもの」ではなく「ごく普通にそこにあるもの」なのかもしれません。

「犬嫌いの人のことも考えて」と言う人もいるかもしれませんが、これは全く論点がずれています。
補助犬は「犬であって犬でない」と言う風に考えて欲しいと思います。
たとえば子供が犬を見ると怖がる、というのであれば「あれは怖い犬じゃなくて、障害を持った人のお手伝いをしてくれるとてもいい子なのよ」と教育していくのが親、と言うより良識ある社会人の責任ではないでしょうか。
単なる「好き嫌い」でみんながこんな身勝手かつ低レベルな主張をしていたら、世の中何もできなくなってしまいます。

犬の毛が原因で体に変調を来たす、と言ったようなケースならやむを得ませんが、社会全体で補助犬がいることを普通のことだと考えられるようにして行かなければならないと思います。
そうです、何も特別なことではなくごく普通のことなんです。

hojoken
| HARSHEST | 政治・経済・役所 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
初めまして、富津市で犬猫の保護活動をしています。
補助犬については、まだまだ認識のない方々が多く存在していますね!。あれだけ広報活動していても、普通の犬と思っている人、あるいは毛嫌いする人、等々何故なんでしょうか??。必要な方にとっては、とっても大事な相棒なのに、まさに自分の手足と同じくらい、重要な相棒なのに!!理解してくれない方が多すぎます。
ちなみに私猫アレルギーだったのですが(その他諸々で動物嫌いだたのですが)捨て猫を保護してから、かなり症状が緩和されて、今ではほとんど出なくなりました!!!。
動物嫌いな方々も、飼ってみると可愛くて好きになるから、飼ってみたら?。
| ぶんた | 2006/12/25 6:31 PM |
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。
広報活動については必ずしも十分ではないかもしれません。
意識している私たちですらなかなかそのような情報に接する機会が少ないですから。
実際に啓蒙されている方々から見ればとっても歯がゆいとは思いますが、普通のことが普通のことと認識されるようになるには時間がかかるのかもしれません。
でも動物を飼ってみるって本当に一番いい方法だと思います。
特に子供の頃から身近で動物に接するのは何ものにも変え難い経験になるのではないでしょうか。
| tammy | 2006/12/25 10:26 PM |









http://maru-channel.jugem.jp/trackback/435
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/25 3:37 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ