MARU CHANNEL NEWS

わんこ時々ねこ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
続 フラッシュ
前回お伝えしたペット関連のフラッシュマーケティング

メールを受け取るために会員登録しましたが、配信が少なく苦労している様子がうかがえます。


先日の案内では

「ドッグトレーナーといくマザー牧場へバスツアーに出かけよう!」


というものが紹介されていたのですが、値段を見てビックリ!


人2名+犬1頭の通常料金28,500円 ⇒ 17,200円 (40%OFF)

※犬用の席はなく抱っこまたは足元に置くそうです


案の定

あまりタチのいい商売とは…

0枚購入


当たり前だっちゅ~の!

今どき、犬連れではない普通のバスツアーでは、××食べ放題、△△詰め放題やらが満載で1人5~6,000円台なんてのがザラなのに

う~ん…


房総ならではの食事がつくわけでもなく、たった2か所を巡るだけでこの値段は「暴利」とまでは言わないまでも、庶民の感覚では明らかに“超”割高です。

しつけ教室ってあるけど、限られた時間で一体何を教えようって言うのでしょう?

もう何から何まで、別の意味でビックリてんこ盛りなのでした。




ペケットさん、頑張っているのでしょうが、品ぞろえを充実させるのが難しく、なかなか魅力的な商品を紹介できないようです。

他にも

何と半額!!
半額だけど売上ゼロ!
も販売枚数0。

懲りずに(失礼!)もう1回発売
再度挑戦もまたまたゼロ!
やっぱり1枚も売れず…(失笑)。


こんなのはどうだ!
セレブ・プライスだよね~…
撃沈!


ペット関連産業は、実はメディアで面白おかしく取り上げられているほど儲かっていないんじゃないのかな~?っていうのが個人的な認識です。

もちろんうまく行っているところも数多くあるのでしょうが、初期の頃なら何をやってもそこそこ売れたとしても、やはり安易・安直な発想で「ペットに結び付けりゃ何でも売れるさ」という時代ではなくなっています。


ひとつには、どう見ても売る側がペットを商売の道具としてしか見ていない、言い換えれば別に動物なんか好きじゃないんだけど儲かりそうだから、というケースが少なからずあるからだと思います。

それと、ペット関連の消費をリードしているのはごく少数のお金持ちであるということを、実はあまり皆気付いていないのでは?という点。
確かに自分の子供に対する以上にお金を湯水のごとく注ぎ込む人たちがいるのも事実ではありますが、それは軽薄なメディアが吹聴するほどたくさんいるわけではなく、あくまでもマイノリティであるということ。



ビジネスとして見れば、まだまだつけいる余地が大きく、将来の成長も見込めるかもしれませんが、「今まで犬と一緒に楽しめなかったこんなサービスを犬連れでできますよ~」は大体品質に問題があって、「これ人間向けとしては通用しないよ」がほとんど。

特に飲食関連はそれが顕著で、利用者は愛するペットと一緒に利用できるというだけで浮かれちゃって、商品の質を冷静に見極められる状態にはありません。
メディアで利用者の声として「とってもおいしかったです」と紹介されていた宿泊施設や飲食店を、個人的にいくつも利用したことがありますが、率直に行って合格点を出せるところは皆無でした。

それでも「犬連れで行けるところはあんまりないし、仕方ないよな」と割り切ってきたのです。


これから「ペットと一緒」を売り物に商売を始めるのであれば、はじめに「ペット連れ」ありきではなく、通常の人間向けの商品・サービスとしてまっとうなものであることが大前提で、「基本は人間のお店ですがペットを連れてきても構いませんよ」を志向した方がいいのではないかと考えます。


いずれにしても選択肢は増えるのは結構なことですので、1日も早く犬連れで楽しめるまともな飲食施設が増えることを願ってやみません。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 09:57 | - | - |
イングランドなら400万円だっ!
ペットの飼い主に動物の基本的な福祉環境を整えることを義務付けた、新たな動物福祉法がイングランドで6日から施行されました。

これにより違反者には最高2万ポンド(約400万円)の罰金か禁固1年が科されるようになります(従来は5,000ポンド・6ヶ月)。
他の大きな改正点は適用対象が家畜以外の動物にも広がったところ。

日本でもつい先日、フェレットを虐待してその模様をネットで公開していた露悪趣味男が動物愛護法違反の疑いで逮捕されました。
容疑者は「フェレットは物だから虐待にあらず」とほざいているそうですが、こんなのを野放しにできないよう厳罰に処して欲しいものです。

442


報道ではこの容疑者の勤務先も特定されていました。
大手有名企業だからかもしれませんけど、勤めてる会社なんて関係ないじゃんね〜。変なの。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
売っちまったら後は野となれ・・・?
時事ドットコム(H19.3.31)より
国民生活センターがこのほど明らかにしたペット関係の相談内容を見ると、「ペットショップなどから購入した子犬がすぐに死亡したが、返金などに応じてもらえない」というケースが目立って多いことが分かった。
こういう極悪業者やブリーダーにあたってしまった人は本当に気の毒だと思います。

この手の話が出ると、さもしたり顔で「自己責任」などとのたまう人がいますが、ちょっと待ってくださいね。
そもそも何の店であれ、行く前に微細に調べたりしますか?
店がある以上、一応買う側には「信頼する」という前提があるわけで、悪徳業者にひっかかった人が「自己責任」だから仕方ないのだ、で片づけられてしまったら世の中立ち行かなくなってしまいます。

もちろん色々な意味で程度の問題はありますが、社会の仕組みとしてこのような事例をなくして行くのが国や政治の大きな役割ではないのでしょうか。

決して水道光熱費をインチキ計上して経費をちょろまかすのが政治の仕事じゃないはずなんですけど、ま、この件はあまりにもレベルが低すぎるので置いときましょ(この程度の人が大臣になれるんだから日本の政治家ってのは…)。

waflw19sp


都知事選は誰に投票しようかしら?
それにしても立候補者が多いのにビックリ。
供託金だけで300万円。しかも相当数の得票がないと没収されちゃうっていうのに。
みなさん、すごいエネルギーと財力です。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
正当防衛じゃないんですか? 【哀愁のバットマン】
奈良県の男性が犬の飼い方をめぐるトラブルから金属バットで殴りかかってきた男にケガをさせたとして逮捕されました。

この人、近所に住む男性と犬の飼い方をめぐって口論になり金属バットで手などを殴られたため、バットをバッっと(!)奪って逆襲に転じ相手に全治2週間のケガを負わせたとのこと。

詳しいことは分りませんが、いきなりバットで殴りつけられたんだとしたらちょっと気の毒なような気が…。

ところで犬の飼い方をめぐるトラブルってどんな内容だったんでしょうね?

428


バットは本来の用途で使うようにしましょう。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
何が目的なの? 【多摩センター動物病院】
産経新聞(H19.3.22)より
東京都多摩市の「多摩センター動物病院」のずさんな治療でペットが死んだなどとして、飼い主5人が同病院を運営する男性獣医師に計約1,200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。水野有子裁判長は、獣医師が必要のない手術をしたことなどを認めた上で、獣医師の治療を「詐欺といえる」と断じ、計約320万円の支払いを命じた。
何だかよく分りませんが、とにかくとんでもねぇ下衆野郎のようです。
本件の原告以外にも30人以上が同様の苦情を寄せているそうです(と言うことは実際に被害に合われた方々はさらに多いであろうことが推測できます)。

同病院のHPにある「院長紹介」を見ると、それはそれはご立派なキャリアをお持ちで、少なくともこれを見たら「おおぉっ!」と思っちゃうよ…。

>>>院長・鳥吉 英伸(東大医学部大学院博士課程卒業)

もしこの経歴にウソがないのだとすれば、じゃあこのおっさん、一体何がしたかったんでしょうか?
すぐバレるような極悪非道なインチキで小金を稼がないで、地道に診療を行なっていけば厚い信頼を得られたでしょうに…。

原告の方々は詐欺罪での刑事告訴も検討中だそうです。
2度とこのようなことがおきないように、徹底的にやっちゃってください。

430


【被害関連のサイト】
  >>>多摩センターにある動物病院の被害報告
  >>>多摩センター動物被害者の会(公式サイト)
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
燃え〜っ! 【公園で勝手に火葬】
確かにこの女性、寂しかったのでしょう。
だってかわいがっていたグレイハウンドのダリイが死んでしまったのだから・・・。

だからって公園(釜利谷市民の森)内でガソリンかけて燃やしちゃうとは・・・。

さぞかし通報した通りがかりの人もビックリしたことでしょう。

いつも遊びに来ていた思い出の公園に埋めてあげたい、って心情的には理解できるけど、ここまで力技を使うとは恐れ入りました。

ちなみにこの女性と知人の女性が逮捕された罪状は「廃棄物処理法(焼却の禁止)違反」だそうです。

377

反省しきりの女性2名はすぐに釈放されたとさ。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
どんぶり勘定? 【6,000万⇒1億2,610万】
久々にひろしまドッグぱーくのお話。

いち早く救助にかけつけた動物団体アークエンジェルズ(AA)が、当初6,000万円と発表していた寄付金の額が実は“1億2,160万円”でした、と訂正の会見を行ないました。

「管理がずさんで総額を把握し切れていなかった」そうです。
総額の半分弱(5,750万円ほど)は昨春から募集しているシェルター基金との説明。元々、やり手政治家やお役所並の集金力を持ってたんですね〜(もちろん皮肉)。
代表個人の口座に1千万円ほど移していたことも認めました(これって横領とかにならないのかしら?)。

正常な思考能力を持った人なら、AAがどのような団体か(と言うより代表がどのような人物であるか)判断できると思いますので、ここではそれについては触れません。

ただもう心配なのは、本当にマジメにやっている愛護団体の今後の活動に支障をきたしやしないかと言うこと。
そして何よりも、ひろしまでレスキューされたわんこ達がどうなったのか。
きっとみんな幸せになったんだよね?

Donboo Lee


何かホント、後味の悪いできごとですね〜。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
「あるある」事件以降「出る出る」 【トリビア狂い咲き?】
あまりの程度の低さ、たちの悪さには驚きましたが、「あるある大事典供廚離如璽靭埖い蓮屬気發△蠅覆鵝廚箸いΥ兇犬任后
おそらく厳密に調査すれば全てのテレビ局が番組を編成できなくなってしまうことでしょう。

で、うちでも笑いながら見ていたのですが、既に終了した「トリビアの泉」でOAされた「雑種犬の能力検証」(「続きを読む」参照)で過剰演出のあったことが明らかになりました。
フジテレビ広報部によると、検証を行なった100頭のうちの1頭は、本来の飼い主ではなく犬が所属する動物プロダクションの社長を飼い主として出演させ、撮影時には社長の服にドッグフードを忍ばせることで意図的に犬をひきつけたそうです。

トリビアの件は苦笑で済む程度の軽微な部類だと思いますが、信頼を前提として私たち視聴者は情報を受けているのです。
それを平気で愚弄するような人たちはいずれ全ての信頼を失うでしょう。
特に「健康」をおもちゃにするようなことは絶対にやめて欲しいものです。
真剣に見ている人も多いのですし、一歩間違えば体に悪影響を与えかねないのですから。

387


流された情報を妄信する側にも全く問題がないとは言えませんけどね・・・。
ま、すぐには痩せられなくてもとりあえず納豆は体にいいんで食べましょう。
続きを読む >>
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
どうにかならないの? 【板橋犬屋敷】
6日(火)にTBSで板橋区にあるとほほな犬屋敷についてOAしていました。

50代と思しき男性が敷地内で22頭(多分)の紀州犬を放し飼いにしており、糞尿による悪臭や早朝・深夜の鳴き声などで近隣住民に多大な迷惑をかけているというものです。

すぐ隣には幼稚園もあり、お母さんたちも心配です。

この男性、反省する素振りなど全くなく、たとえばTV局の取材に対してこんなやり取りも・・・

 TV「散歩はどうするんですか?」
 板「こんなかだけ」
 TV「外には出さない?」
 板「出さない。人間がくたびれるから」
 TV「うんちやおしっこはどうするんですか?」
 板「うちん中」

もうこのような状態が10年以上続いているとか。
板橋保健所も再三にわたり改善するよう伝えているそうですが、色々と制限もあり思うに任せません。
現在では警察に告発する段取りを進めているとTVのインタビューでは答えていました。

>>>こんな情報もありました

犬だけではなく人間の子供の虐待についてもしばしば問題が起きています。
何かあってからでは取り返しがつかないのですから、もう少し強制的に第三者が介入できるようにならないのでしょうか?

itabashiinuyashiki
何より犬たちがかわいそう


動物愛護法が改正されいくら以前より厳しくなったとは言え、実際に適用しなければ何の意味もありません。
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
つぼカルビだったらよかったんだけど・・・ 【つぼカビ上陸】
1月12日付日経夕刊より
輸入されたペットのカエルが、両生類を死に至らしめるカビの一種「ツボカビ」に感染していることがわかった。人にうつることはないが、根絶が難しいため野生のカエルにまん延すれば国内の生態系を破壊する恐れがある。日本野生動物医学会や世界自然保護基金(WWF)ジャパンなどは13日、「飼育しているカエルや死んだカエルを野外に投棄することは厳禁」などとする緊急声明を出す。
今回見つかったものもそうですが、中南米産のカエルがペットして人気があり輸入されています。
ところが検疫などの対策がなく感染症のチェックなどされていないのが現状。

野生のカエルは生態系の中で重要な位置を占めており、激減するようなことがあれば他の生物だけでなく農業にも影響が及びます。

タイトルは冗談めかしてますが、実際のところ非常に深刻な問題です。

343


カエルのツボカビ症の特徴
 ・無気力に足を動かす(特に後ろ足)
 ・夜行性または木で暮らすカエルが1日中座っている
 ・触ってもわずかに動くか全く動かない
診断テストの例
 ・指で触ってもまばたきをしない
 ・ひっくり返しても元に戻らない
 ・口をつまんでも反応しない
| HARSHEST | とほほ・ガックシ・ぷんぷん | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ